PETAによる1日ワーク

PART1.  出会いのワーク
 身体を動かしたり,ソング,ゲームも入れたりしてすすめます。シアター(劇)でさまざまな表現方法を使うように、さまざまな表現方法をワークのなかで活用します。また,クラフトワークを取り入れます。このようなワークは初めて出会う人たちをこころをときほぐす,アイスブレーキングのような意味もあります。

PART2.  即興表現
 あるセリフを自分たちで場面を設定して演じるようにします。いわばロールプレイです。セリフは同じなのにあらわされる表現から,社会的なコンテキストを読み取ります。

PART3.  課題表現
 何らかの問題や課題を表すような「象徴」(シンポル)を,言葉やクラフト,絵,身体で表現するようにしていきます。
 
 今回はPETAに演劇のスキルの指導をお願いしているわけではありません。本来,一週間ぐらいかけるものらしいのですが,そのプロセスのさわりを体験しようというものです。このセミナーで何かを完成させるということではなく,今後,参加者が自分の現場で応用展開するための基礎となればよいと考えています。『シアターは社会変化へのリハーサル』だというのが PETA の精神です。